おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

キンラン

ラン科 キンラン属

Cephalanthera falcata

〔基本情報〕
林内でみられる高さ30~70cmの多年草で、地生ランです。
短い根茎をもちます。
茎には稜があります。
葉は5~8個つき、互生する単葉で、長さ8~15cm、幅2~4cmの広披針形です。
葉は質が厚く、縦に顕著な脈があります。
葉の縁は全縁です。
葉の基部は茎を抱きます。
総状花序に黄色い花を3~12個つけます。
花はほぼ半開程度までしか開かず、萼片は長さ1.4~1.7cmの卵状長楕円形、側花弁は卵形で萼片よりやや短いです。
唇弁には黄褐色の隆条線が数本あります。
唇弁の基部は筒状の距となります。

〔備考〕
名は花の色によります。
名前 キンラン (金蘭)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)、朝鮮、中国
指定植物 ? VU:絶減危惧II類
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜700mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 70161
検索サイトの検索キー ? キンラン
エバーグリーンポストでの記事 [特別寄稿]山野草の盗掘被害について|エバーグリーン