筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

キエビネ

ラン科 エビネ属

Calanthe striata

〔基本情報〕照葉樹林内でみられ高さ30~50cmになる常緑多年草。
地下にまるい偽球茎をもちます。
葉は2~3枚出て、長さ20~30cm、幅5~10cmの広楕円形~楕円形で、先はとがり、全縁です。
葉には縦にしわがあります。
葉は若いうちは直立しますが、のちに倒れて地につきます。
新葉の中心からでる花茎の先に総状花序を出し、10個ほどの花をつけます。
花は径3cmほどで、黄色です。
外花被片は卵状楕円形で、側花弁はやや小さいです。
唇弁は扇状で先が深く3裂し、中央に3本の隆起線があります。
距は萼片より短いです。
果実は紡錘形です。

〔栽培〕増殖はおもに株分けによりますが、バックバルブ吹きや実生も可能です。
冬の乾燥した北風を避けた半日陰~日陰で管理します。
空中湿度を高く保つほうがよいです。
水はけのよい土を好みます。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は春から初夏の成長期は窒素分が多めの緩効性肥料を月に1回、夏はリン酸、カリウム分が多めの緩効性肥料を置き肥します。
病虫害としてはウイルス病、軟腐病、アブラムシ、ハダニ、ナメクジがあります。

〔備考〕乱獲により絶滅が心配されています。
名前 キエビネ (黄蝦根)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮南部
指定植物 ? EN:絶滅危惧IB類
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月、9月
草丈・樹高 ? 300〜500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 6
花の色 ?
花径 ? 30mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 半日陰、日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ
病害 ? ウイルス病、軟腐病
虫害 ? アブラムシ、ハダニ、ナメクジ
日本花き取引コード ? 18884
検索サイトの検索キー ? キエビネ

「キエビネ」への投稿写真