山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ハゴロモホトトギス

ユリ科 ホトトギス属

Tricyrtis latifolia var. makinoana

〔基本情報〕
山地のやや湿った場所にはえる多年草。
葉は互生する単葉で、長さ8~18cmの広楕円形で、裏面には毛がはえます。
葉の基部は茎を抱きます。
茎先の散房花序に上向きに花をつけます。
花は杯状の6弁花で、花被片は斜めに開き、黄色です。
花の内側には紫褐色の斑点があります。
雌しべの花柱は3つに分かれて、それぞれがさらに2裂して平らに開きます。
雄しべは6個あり、花糸は花柱に沿って立ち上がって上部で反り返り、外向きに葯をつけます。
果実は蒴果です。
名前 ハゴロモホトトギス (羽衣杜鵑草)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州東北地方)
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 散房花序
花弁の数 ? 6
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ハゴロモホトトギス

「ハゴロモホトトギス」への投稿写真