ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

タイワンホトトギス

ユリ科 ホトトギス属

Tricyrtis formosana

〔基本情報〕
山中の林内のやや湿った場所にはえる高さ25~80cmの多年草。
よく枝分かれする長い地下茎をもちます。
茎はよく枝分かれして、ジグザグ状になり、毛がはえます。
葉は互生する単葉で、長さ8~13cm、幅2.5~4.5cmの長楕円形で、葉の裏面には毛がはえます。
葉の基部は鞘状に茎を抱きます。
茎先の集散花序に上向きに花をつけます。
花は杯状の6弁花で、花被片は斜めに開き、白色で先端が紫色になります。
花の内側には全体に赤紫色の斑点があり、基部には黄色い斑点があります。
外花被片の基部は球状にふくれて、2つに分かれます。
雌しべの花柱は3つに分かれて、それぞれがさらに2裂して平らに開きます。
雄しべは6個あり、花糸は花柱に沿って立ち上がって上部で反り返り、外向きに葯をつけます。
花糸と花柱には赤紫色の斑点があります。
小花柄は1~6cmです。
果実は長さ2.5~3.5cm、幅0.5~0.6cmの蒴果です。

〔来歴〕
ホトトギスとの間に交配品種がつくられ、交配品種のこともホトトギスと呼ぶことが多いです。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿芽によります。
明るい半日陰で水はけがよければ土質は特に選びません。
空中湿度が高い環境を好み、乾燥しやすい場所は避けるようにしたほうがよいです。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いてひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は元肥としてリン酸分が多めの緩効性化成肥料を施せば特に必要ありませんが、鉢植えの場合は春に緩効性化成肥料を月1回置き肥してもよいです。
病虫害としては白絹病、ナメクジなどがあります。
名前 タイワンホトトギス (台湾杜鵑草) 、ツルタイワンホトトギス (蔓台湾杜鵑草) 、ホソバホトトギス (細葉杜鵑草)
花咲く季節 ? 9月、10月、11月
分布または原産地 ? 日本(西表島)、台湾
指定植物 ? CR:絶滅危惧IA類
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
草丈・樹高 ? 250〜800mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 6
花の色 ? 紫、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園、壁面緑化、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
病害 ? 白絹病
虫害 ? ナメクジ
日本花き取引コード ? 29263
検索サイトの検索キー ? タイワンホトトギス