筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

クロバナクルマユリ

ユリ科 ユリ属

Lilium medeoloides f. atropurpureum

〔基本情報〕高さ30~100cmの多年草。
地下に径2cmほどで球形の鱗茎をもちます。
鱗片は白色で苦味はなく、関節があります。
茎の中央付近に1~3段、輪生状に単葉がつきます。
葉は長さ5~15cmの披針形で、縁に小突起がつきます。
茎の上部には小型の葉が少数互生してつきます。
茎の上部に総状花序を出し、一個~数個の花が横~斜め下向きにつきます。
花被片は6個あり、長さ3~4cmで紫黒色、内面には濃い色の斑点があります。
花被片の先は強く反り返ります。
花粉は赤褐色です。
果実は倒卵形で長さ2cmほどの蒴果です。
名前 クロバナクルマユリ (黒花車百合)
花咲く季節 ? 7月、8月
実のなる季節 ? 10月、11月
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 6
花の色 ? 紫、その他
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 球根
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
検索サイトの検索キー ? クロバナクルマユリ