筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ミヤマスカシユリ

ユリ科 ユリ属

Lilium maculatum var. bukosanense

〔基本情報〕石灰岩地帯から茎を下垂させてはえる多年草。
地下に卵形で肉質、白色の鱗茎をもちます。
茎には稜角があり、下部には乳頭状突起があります。
若い茎には多少白い綿毛があります。
葉は互生する単葉で、広線形、全縁です。
葉の表面には光沢があります。
葉には柄がありません。
茎の上部に総状花序を出し、一個~数個の花が上向きに咲きます。
花は杯状です。
花被片は6個あり、橙赤色、内面には赤褐色の斑点があります。
花被片は強く反り返り、間にすき間があります。
果実は蒴果です。

〔備考〕深山にはえ、花被片の間にすき間があることが名の由来です。
名前 ミヤマスカシユリ (深山透百合)
花咲く季節 ? 6月、7月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 日本(岩手県~茨城県、埼玉県、新潟県)
指定植物 ? EN:絶滅危惧IB類、日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 6
花の色 ? 赤、橙
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 球根
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
検索サイトの検索キー ? ミヤマスカシユリ