ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

キバナノアマナ

ユリ科 キバナノアマナ属

Gagea nakaiana

〔基本情報〕
日当たりのよい林縁や草原などでみられる高さ15~20cmの多年草。
梅雨ごろには地上部が枯れ、夏は休眠します。
地下に径5~10㎜で卵形の鱗茎があります。
鱗茎の外皮は茶色~黄色です。
葉は1枚だけ根出し、長さ15~22cm、幅0.3~1cmの線形で、やや厚みがあります。
高さ15~20cmの花茎の先に散形花序を出し、3~5個の花をつけます。
花序には、花序とほぼ同じくらいの長さの2個の苞葉がつきます。
花は鮮やかな黄色の6弁花で、花被片は長さ9~12mmの線状長楕円形です。
雄しべは6個あります。
果実は径7㎜ほどの蒴果で、3稜がある球形です。
種子にはアリなどが好む附属体(エライオソーム)があり、アリによって散布されます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
日当たりと水はけ、水もちのよい腐植質に富んだ土壌を好みます。
高温多湿に弱いので、夏は枯れた葉を取り除き、日陰で風通しの良い涼しい場所に移動させます。
水やりは生育期間中は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、休眠中は球根が乾かない程度に潅水します。
施肥は花後から地上部が枯れ週1回液肥を施します。
病虫害としてはアブラムシがあります。
名前 キバナノアマナ (黄花甘菜) 、キバナアマナ (黄花甘菜) 、コウライアマナ (高麗甘菜)
yellow star-of-Bethlehem
花咲く季節 ? 3月、4月
実のなる季節 ? 3月、4月
分布または原産地 ? 日本、朝鮮南部、中国、ロシア(カムチャッカ、千島列島、サハリン、沿海州、アルタイ地方、クラスノヤルスク)、ネパール、ブータン、パキスタン、インド北部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 9月、10月
草丈・樹高 ? 150〜200mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 6
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
虫害 ? アブラムシ
検索サイトの検索キー ? キバナノアマナ

「キバナノアマナ」への投稿写真