筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

バイモ

ユリ科 バイモ属

Fritillaria thunbergii

〔基本情報〕
原産地では標高600mまでの竹林や日陰の湿った場所でみられる高さ15~80cmの多年草。
梅雨ごろには地上部が枯れ、夏は休眠します。
地下に2~3個の白色の鱗片からなる径1~3cmで卵形~球形の鱗茎があります。
葉は3~4輪生する単葉で、長さ7~11cm、幅1~2.5cmの線状披針形です。
葉は茎の下部では対生、または互生します。
葉は12~20個つき、茎の上部のものは先が巻きひげ状に長く伸びます。
花は茎の上部の葉腋に、下向きに単生します。
花は長さ2.5~3.5cmで鐘形の6弁花で、淡黄色で内側に紫色の網目模様があります。
果実は蒴果です。
種子には狭い翼があります。

〔来歴〕
日本では『延喜式』(927)にも記載があるなど、古くから知られていましたが、実際の渡来は1724年(享保9年)です。

〔利用〕
鱗茎を薬用とします。

〔栽培〕
増殖は分球によります。
日当たりと水はけ、水もちのよい腐植質に富んだ土壌を好みます。
高温多湿に弱いので、夏は枯れた葉を取り除き、日陰で風通しの良い涼しい場所に移動させます。
球根を掘り上げて夏越しさせる場合は、地上部が枯れたら掘り上げ、乾燥しないようにピートモスなどに埋めて涼しい場所に保管します。
耐寒性があり、凍らせなければ戸外越冬可能です。
水やりは生育期間中は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、休眠中は球根が乾かない程度に潅水します。
施肥は花後にお礼肥として緩効性化成肥料を施します。
病虫害としてはアブラムシがあります。
名前 バイモ (貝母) 、アミガサユリ (編笠百合)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
実のなる季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 中国
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 9月、10月
草丈・樹高 ? 150〜800mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生、互生、輪生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 6
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 球根
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植
虫害 ? アブラムシ
有用 ? 薬用
文化との関わり ? 『延喜式』に記載があります。
日本花き取引コード ? 14559
検索サイトの検索キー ? バイモ