• 今月までが蒔きどき〜パンジーnew
  • 10月の記事一覧
  • Facebookページにいいね!しよう
  • 文一総合出版

    チゴユリ

    イヌサフラン科(チゴユリ科) ホウチャクソウ属(チゴユリ属)

    Disporum smilacinum

    雑木林の下などにしばしば群生するのが見られる多年草。
    地下にある根茎は花が終ると長く伸び、秋になるとそれが切れて独立の個体となることを繰り返すといいます。茎はときにやや分枝して高さ15-30cmになります。
    葉は開花茎では7-10個ほどが互生してつき、ほぼ無柄、3脈が目立ち、両面とも無毛で、縁に微細な突起があります。
    花は白色で、茎の先に1-2個下垂し、長さ1-1.5cmの花被片6個は半開します。雄しべは花被片より長く、葯は黄色で長さは花糸の約半分、雌しべの子房は卵球形で長さは花柱の半分です。
    果実は球形の液果で、径8mm前後、黒く熟します。
    日本にこの仲間はほかに3種ほどあり、より大型のオオチゴユリ、黄色い花のキバナチゴユリ、花被片が筒状に集まってあまり開かないホウチャクソウが知られます。茎の先端に花がつくこと、花数が1-2個と少ないこと、花被片が合着していないことなどで、他の近縁の属(ナルコユリ属、ユキザサ属など)とは区別されています。
    名前 チゴユリ (稚児百合) 、エダウチチゴユリ
    花咲く季節 ? 4月、5月
    分布または原産地 ? 日本(北海道-九州)、南千島、朝鮮、中国
    検索サイトの検索キー ? チゴユリ