• らん展レポートnew
  • 2月の過去記事
  • 文一総合出版

    アダン

    タコノキ科 タコノキ属

    Pandanus odoratissimus

    〔基本情報〕
    海沿いでみられ、波しぶきを受ける海岸の岩石地に生育する高さ2~6mになる常緑小高木。
    太い枝をまばらに出して、支柱根を下ろします。
    枝は横に広がり、葉が落ちた痕が輪状に残ります。
    葉は幹や枝先に3列生しますが、幹や枝がねじれるのでらせん状についてみえます。
    葉は長さ1~1.5m、幅3~5cmの線状披針形で、厚くてかたい革質です。
    葉の断面は三角形で、縁や裏面の主脈に長さ2~8㎜の鋭い刺がまばらにはえます。
    雌雄異株です。
    日本では春~秋に開花しますが、開花時期は一定ではありません。
    雄花序は長さ4~5cmの肉穂花序が、円錐形に5~9個集まり、長さ20~25cmになります。
    雄花序には長さ10~20cmでクリーム色の総苞が数個つきます。
    雌花序は広い楕円形の肉穂花序になり、長さ10~20cmの総苞が十数個つきます。
    花には萼も花冠もありません。
    果実は多数があつまって長さ15~20cmで広楕円形のパイナップルに似た形になる集合果で、黄赤色に熟してパイナップルのような香りがあります。
    1個の果実は長さ4~6cm、幅3~5cmほどの倒卵形で、先端が浅く6~8裂します。

    〔栽培〕
    増殖は株分け、挿木によります。
    沖縄や小笠原などでは露地栽培可能で、寒さにやや強く3℃くらいまでなら耐えます。
    風や潮風に非常に強く、乾燥にも耐えます。
    水はけがよい腐植質の土壌に植えます。
    鉢植えは春~秋はよく日に当て、冬はガラス越しに陽のあたる室内に取り込みます。
    日陰にも耐えますが、日当たりが悪いとひょろひょろと軟弱になります。
    水やりは鉢植えの場合は春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
    葉の間に水が溜まらないようにします。
    施肥は春~秋に2週間に1回、液肥を施します。
    病虫害としては葉枯病、カイガラムシ、ハダニなどがあります。
    名前 アダン (阿檀) 、リュウキュウアダン (琉球阿檀) 、カネアダン
    花咲く季節 ? 5月、6月
    実のなる季節 ? 8月、9月、10月、11月
    分布または原産地 ? 日本(トカラ列島口之島以南の南西諸島、大東諸島)、中国南部、台湾、ベトナム、マレーシア~インド南部、スリランカ、モルジブ
    ハーディネスゾーン ? 10b;11b
    生活型 ? 小高木
    常緑・落葉 ? 常緑
    広葉・針葉 ? 広葉
    生活様式 ? 地生
    植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月
    形状 ? 直立
    草丈・樹高 ? 2000〜6000mm
    花のつき方 ? 肉穂花序
    花序の長さ ? 40〜50mm
    実の色 ?
    葉の色 ?
    種苗の入手難易度 ?
    種苗の入手形態 ?
    繁殖方法 ? 挿木、株分け
    日照条件 ? 日向
    水分の必要性 ? 乾燥、普通
    土の必要性 ? 必要
    耐候性 ? 耐暑性、耐乾性、耐風性、耐潮性
    用途適性 ? ハイドロカルチャー、鉢植、公園・庭園、街路樹、壁面緑化
    病害 ? 葉枯病
    虫害 ? カイガラムシ、ハダニ
    日本花き取引コード ? 55059
    検索サイトの検索キー ? アダン