おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ヒメナベワリ

ビャクブ科 ナベワリ属

Croomia japonica

〔基本情報〕
林内や林縁でみられる高さ40~60cmの多年草。
茎には狭い翼があります。
葉は互生する単葉で、長さ5~20cm、幅2.5~8cmの卵形~卵状惰円形となり、5~9本の葉脈がめだちます。
葉の裏面には光沢があり、縁はこまかく波打ちます。
花は葉腋に単生するか集散状に2~4個つき、黄緑色で、径0.7~0.8cmの4弁花です。
花被片は反り返ります。
雄しべは4本あり、黒紫色で、直立します。
花粉がオレンジ色で目立ちます。
果実は蒴果です。
名前 ヒメナベワリ (姫舐割)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:広島県・山口県、四国、九州、奄美諸島)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 400〜600mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 単生、集散花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
花径 ? 7〜8mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
検索サイトの検索キー ? ヒメナベワリ

「ヒメナベワリ」への投稿写真