モッコウバラnew5月の過去記事いいねしよう

タチドコロ

ヤマノイモ科 ヤマノイモ属

Dioscorea gracillima

〔基本情報〕
山地でみられるつる性の多年草。
横に這う根茎をもちます。
つるは無毛で、はじめ直立しますが、のちにつる状になります。
葉は互生する単葉で、長さ5~10cm、幅3~7cmの三角状卵形~楕円形、先はとがり、基部は心形となります。
葉の縁は全縁またはやや波状となります。
長い葉柄をもちます。
雌雄異株です。
雄花序は葉腋から直立し、雌花序は下垂します。
雄花・雌花ともときに橙色を帯びる黄色で、花被片は6個あり、平開します。
果実は長さ1.5~1.6cm、幅1.8~2cmで扁円形の蒴果です。
種子は径5mmほどで、まわりに翼があります。

〔利用〕
根茎を薬用とします。
名前 タチドコロ (立野老)
花咲く季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州、琉球)、中国
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁、波状
花弁の数 ? 6
花の色 ? 橙、黄
葉の色 ?
有用 ? 薬用
検索サイトの検索キー ? タチドコロ