パイナップルを育ててみようnewいいね!しよう8月の過去記事

トウゴクサイシン

ウマノスズクサ科 カンアオイ属

Asarum tohokuense

〔基本情報〕落葉樹林内にはえる常緑多年草。
茎は地表を這います。
葉は互生する単葉で1~2個出て、長さ5~13cm、幅3~13cmで基部が深い心形となる卵形です。
葉の質は薄く、表面に光沢はなく、葉脈に沿って短い毛がはえます。
長さ3~16cmの葉柄をもちます。
花は地際に横向きに咲きます。
花には花弁はなく、長さ6.5~10.5mm、径10~15mmほどで扁球形となる萼筒の上部が花弁状に3裂します。
筒部の先はややくびれます。
萼筒の内壁は全体が暗紫色にならず、白色~淡桃色で部分的に暗紫色になります。
筒部の内側には低い縦ひだが15~21本あります。
萼裂片は長さ5~9.5mm、幅7~12mmの卵状三角形で平開またはやや斜めに開き、厚みがあり、表面には短い毛がはえます。

〔栽培〕増殖は実生、株分け、根伏せによります。
種子はとりまきとします。
日陰で水はけ、水もちのよい土壌を好みます。
乾燥を嫌うので、水やりは土の表面が乾きはじめたらたっぷりと与えます。
施肥は春と秋に緩効性化成肥料を置き肥します。
病虫害としては白絹病、軟腐病、炭そ病、ウイルス病、ナメクジ、ヨトウムシなどがあります。

〔備考〕従来、この地域のものはすべてウスバサイシンとされてきましたが、山路弘樹・中村輝子らの研究(2007年)により、独立した種であるとわかりました。
名前 トウゴクサイシン (東国細辛)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:東北地方~関東地方・中部地方北部)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 9月、10月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花の色 ? 紫、桃
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
病害 ? 白絹病、軟腐病、炭そ病、ウイルス病
虫害 ? ナメクジ、ヨトウムシ
検索サイトの検索キー ? トウゴクサイシン

「トウゴクサイシン」への投稿写真