ヤブツバキを愛でるnewエバーグリーンのインスタ

アマギカンアオイ

ウマノスズクサ科 カンアオイ属

Asarum muramatsui

分布が限られ、落葉樹林内にはえる常緑多年草。

茎は地表を這い、傷つけると芳香を出します。
葉には緑色の柄があり、長さ5~8cmの広卵形~長楕円形で基部が深い心形となります。
葉の表面は鮮緑色でまれに紫色を帯び、強い光沢があり、葉脈が著しくへこみます。
葉の縁近くには白い毛がまばらにあります。

花は葉腋に1個つき、まれに汚紫色を帯びる暗緑色で、地際に横向きに咲きます。
花は径2cmほどで花弁はなく、長さ1cmほどの鐘形にふくらんだ萼筒の上部が花弁状に3裂します。筒部の先はややくびれます。
萼裂片は縁が著しく波打ち、内面に毛があります。
花柱は6個で萼筒の1/2より長く、先が強く外曲します。
花柄は1cmほどです。
名前 アマギカンアオイ (天城寒葵) 、シモダカンアオイ (下田寒葵)
花咲く季節 ? 5月
分布または原産地 ? 日本(本州:伊豆半島、山梨県南部)
指定植物 ? VU:絶減危惧II類、日本固有種
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? タマノカンアオイ
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花の色 ? その他
花径 ? 20mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 69175
検索サイトの検索キー ? アマギカンアオイ