• 独特な香りのするオオバアサガラnew
  • もうFacebookページにいいね!しましたか?
  • 文一総合出版

    フタリシズカ

    センリョウ科 チャラン属

    Chloranthus serratus

    林下のやや湿った日陰地に群生する多年草。
    地下を這う短い根茎から数本の茎を直立させ、高さ25-60cmになります。茎の先端部の近接する節に2-3対の葉を対生させます。
    葉身は長楕円形で先がとがり、基部は鋭形で、表面に光沢はありません。
    花は頂生する2-5本の穂状花序に多数つき、花弁はありません。花には短い雌しべとその側面につく3個の広卵形の白い雄しべがあります。果実は広倒卵形の石果で秋に熟し、核は球状でへりに付属体があります。
    同じ仲間のヒトリシズカと違って花穂を通常2本出すのでこの名前がつきました。
    名前 フタリシズカ (二人静)
    花咲く季節 ? 5月
    分布または原産地 ? 日本(北海道-九州)
    検索サイトの検索キー ? フタリシズカ