月のように仕上げた松newいいね!しよう9月の過去記事

ヒトリシズカ

センリョウ科 チャラン属

Chloranthus japonicus

〔基本情報〕落葉樹林内の日陰でやや湿った場所に群生する多年草。
地下を這う短い根茎から茎を直立させ、高さ15~30cmになります。
茎ははじめ赤紫色で、のちに緑色になります。
葉は茎の上部の2節に十字対生しますが節間がつまっているため、4輪生しているように見えます。
葉は単葉で、長さ4~9cm、幅2~7cmの楕円形~卵状楕円形です。
葉の表面には光沢があり、両面とも無毛で、縁に鋸歯があります。
若葉は花序を包むようにして出て、黒みを帯びます。
茎先に1本(まれに2本)の長さ1~2cmの穂状花序を出し、多くの花を密につけます。
花には花弁はなく、3個の白い雄しべと1個の黄緑色の雌しべがあります。
3本の雄しべは基部で合着して、葯隔が糸状に長く伸びるため、花序全体が白いブラシ状に見えます。
花序は果期には長さ2~3cmに伸びます。
果実は径2.5~3mmの球形で、緑色のまま熟します。
種子にはアリが好む付属体があります。

〔栽培〕増殖は実生と株分けによります。
種子は乾燥すると発芽率が悪くなるのでとりまきとします。
水はけと水もちのよい腐植質に富んだ土で、やや湿り気のある明るい日陰を好みます。
冬から花の時期には日当たりがよく、それ以降は明るい日陰になるような場所で管理します。
夏の直射日光に当たると葉焼けをおこすので遮光が必要です。
地植えの場合は落葉樹の下で湿り気がある場所がよいです。
乾燥を嫌うので水切れに注意し、鉢植えの場合は常にある程度湿っているようにし、庭植えの場合もしおれていたら水を与えます。
地上部が枯れている冬も完全には乾かさないようにします。
施肥は春と秋に骨粉と油かすのを1回ずつ施しますが、与えすぎると花穂が増えすぎるので調整が必要です。
病虫害は特にありません。
名前 ヒトリシズカ (一人静)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、南千島、朝鮮、中国中北部・東北部、サハリン
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 1月、2月、3月、6月、7月、11月、12月
草丈・樹高 ? 150〜300mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ?
花序の長さ ? 10〜20mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
日本花き取引コード ? 19855
検索サイトの検索キー ? ヒトリシズカ
エバーグリーンポストでの記事 [ヒトリシズカ]包み込むように|センリョウ科チャラン属|エバーグリーン

[フタリシズカ]静御前の舞姿にたとえた「フタリシズカ(二人静)」|センリョウ科チャラン属|エバーグリーン