いよいよ最終ジャッジ!newインスタをフォロー6月の過去記事

文一総合出版

イチイ

イチイ科 イチイ属

Taxus cuspidata var. cuspidata

北海道や東北に多い雌雄異株の常緑高木。高さ15mほどになり、材は緻密で狂いがなく、用材として最高級だといわれます。
枝が密に出ます。葉はらせん状につき、線形で裏面に淡緑色の気孔帯が2本あります。花は葉腋につき、雄花は楕円形の花序につき淡い黄色、雌花(胚珠)は葉腋から出る短い枝の先に1個つきます。
果実は熟すと仮種皮が赤く多肉状になり、中に黒い種子が1つあります。仮種皮は甘く食べられますが、種子は有毒です。
名前 イチイ (一位) 、オンコ 、アララギ
Japanese yew、Spreading yew
花咲く季節 ? 3月、4月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州、四国、九州)、朝鮮、中国東北部、千島、サハリン
ハーディネスゾーン ? 5a;9a
検索サイトの検索キー ? イチイ