3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

アイグロマツ

マツ科 マツ属

Pinus × densithunbergii

〔基本情報〕クロマツとアカマツの自然交雑種で、両者の中間的な形態をしています。両者が混成している地域で、見つかります。
常緑針葉高木です。
樹皮は成長すると亀甲状に割れます。
葉は長さ10cm前後の針形で、2本ずつ束生し、断面は半円状です。
雄花・雌花ともに新しい枝の先端につきます。雄花は枝の根元の方に多数つき、雌花は枝の先端につき、赤紫色の小さな松かさ形です。
球果(松ぼっくり)は翌年の秋に熟します。種子には翼があります。

〔栽培〕増殖は実生、取木、接木によります。
日当たりと排水のよい場所を好みます。また、根に酸素を好む共生菌がいるので、空気を含む土壌が必要です。
成木では移植を嫌います。
マツノザイセンチュウによる被害に注意が必要です。

〔備考〕クロマツに近いものをアイグロマツ、アカマツに近いものをアイアカマツ、まったくの中間型をアイノコマツと呼ぶ場合があります。
名前 アイグロマツ (間黒松) 、アカクロマツ (赤黒松) 、アイアカマツ (間赤松) 、アイノコマツ (間子松) 、アイグロマツ (間黒松)
花咲く季節 ? 3月、4月
実のなる季節 ? 10月
分布または原産地 ? 日本
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 針葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、4月
形状 ? 直立
葉の形 ? 針状葉
葉の生え方 ? 束生
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、取木、接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園、街路樹、苔玉
虫害 ? アブラムシ、マツノマダラカミキリ、マツノザイセンチュウ
日本花き取引コード ? 19214
検索サイトの検索キー ? アイグロマツ