• 八丈島のソテツnew
  • フェイスブックページをいいね!しよう。
  • 文一総合出版

    トドマツ

    マツ科 モミ属

    Abies sachalinensis

    北海道を代表する樹種のひとつで、高さ25mになる雌雄同株の常緑高木。

    樹皮は灰白色で、不規則にはがれ、若枝には多少とも毛があります。

    葉は線形で、裏面には幅の狭い2本の気孔帯があります。

    球果は前年枝の葉腋に直立してつき、初め黒褐色ですが成熟すると赤みを帯びた茶褐色になり、苞鱗の先が種鱗の合せ目からやや突き出ます。球果の鱗片は熟した後、軸を残してばらばらに脱落します。

    名前 トドマツ (椴松)
    Sakhalin fir
    花咲く季節 ? 6月
    実のなる季節 ? 10月
    分布または原産地 ? 日本(北海道北部 中部)、千島、サハリン
    ハーディネスゾーン ? 5-9a
    検索サイトの検索キー ? トドマツ