• アカマツとケヤキの相生の樹new
  • Facebookページにいいね!しよう
  • 編集記事一覧
  • 文一総合出版

    ウラジロモミ

    マツ科 モミ属

    Abies homolepis

    〔基本情報〕標高1,000~2,000mの山地帯上部から亜高山帯中部でみられる常緑針葉高木。
    幹は直立して、高さ30~40m、直径1mにもなります。
    樹皮は灰色で、鱗片状にはがれます。
    若い枝は黄褐色で無毛です。
    葉は長さ10~25mm、幅2~3mmの線形です。
    葉の表面には光沢があり、裏面には幅が広い白色の気孔線が2本あります。
    花には雄花と雌花があり、雄花は前年の枝の葉腋に1個ずつつき、多くの雄しべが楕円形にあつまります。
    雌花も前年の枝の葉腋に1個ずつ上向きにつき、赤紫色の円柱状です。
    果実は長さ7~12cm、径3~4cm、紫色を帯びた円筒形の毬果で、上向きに直立します。
    種子は長さ8mmほどで、翼があり、秋に風で散布されます。

    〔利用〕材はモミよりやわらかく、建築やパルプ材などに利用します。

    〔栽培〕増殖は実生によりますが、種子は保存しにくいため、とりまきにするか、乾燥しないように保管し、3~4月に播きます。
    日あたりと水はけがよい肥沃な土壌を好みます。
    地植えの場合は極端に乾燥しないかぎり潅水は必要なく、また肥沃な土壌であれば施肥も必要ありません。
    大きくなり、スペースをとるので、広い場所が必要です。
    根が深く、大木での移植は難しいです。
    病虫害としてはカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)があります。
    名前 ウラジロモミ (裏白樅) 、ダケモミ 、ニッコウモミ
    Nikko fir
    花咲く季節 ? 5月、6月
    実のなる季節 ? 10月
    分布または原産地 ? 日本(本州中部、四国;太平洋側)
    ハーディネスゾーン ? 6;9b
    指定植物 ? 日本固有種
    生活型 ? 高木
    常緑・落葉 ? 常緑
    広葉・針葉 ? 針葉
    生活様式 ? 地生
    植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
    形状 ? 直立
    草丈・樹高 ? 30000〜40000mm
    葉の形 ? 線形
    葉の生え方 ? 互生
    縁の形 ? 全縁
    実の色 ?
    葉の色 ?
    種苗の入手難易度 ?
    種苗の入手形態 ?
    繁殖方法 ?
    日照条件 ? 日向
    水分の必要性 ? 普通
    土の必要性 ? 必要
    耐候性 ? 耐寒性
    用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
    虫害 ? カミキリムシの幼虫(テッポウムシ)
    有用 ? その他クラフト
    日本花き取引コード ? 40481
    検索サイトの検索キー ? ウラジロモミ