筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ヒトツバ

ウラボシ科 ヒトツバ属

Pyrrosia lingua

〔基本情報〕
やや乾燥した岩の上や樹上に着生する高さ30~40cmの常緑シダ。
地上に群生することもあります。
根茎は径3mmほどで、長く横にのびて、鱗片が密につきます。
葉は単葉で、卵形~広披針形となり、厚みがあって革質です。
葉の裏面には灰褐色の星状毛が密にはえ、表面にもやや星状毛がはえます。
葉の縁は全縁です。
葉柄は7~20cmで、胞子をつける葉ではより長くなることもあり、淡い褐色の星状毛がはえます。
胞子嚢群は円形で葉の裏側一面につきます。

〔利用〕
全草を生薬として利用します。

〔栽培〕
日向~半日陰で適度に湿り気がある場所を好みます。
丈夫で、栽培は容易です。
植え込み材の表面が乾いたらたっぷりと水を与え、葉や茎にも水がかかるようにするとよいです。
施肥は特に必要ありません。
名前 ヒトツバ (一葉)
分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方以西~琉球)、朝鮮南部、中国、台湾、ミャンマー、ベトナム
生活型 ? シダ
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 着生
草丈・樹高 ? 300〜400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
縁の形 ? 全縁
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要、水苔、不要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、苔玉、壁面緑化
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 22981
検索サイトの検索キー ? ヒトツバ