筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ノキシノブ

ウラボシ科 ノキシノブ属

Lepisorus thunbergianus

〔基本情報〕
樹上や岩上に着生し、人家の石垣や庭木などでも見られる常緑シダ。
黒褐色の鱗片に覆われた径2~3mmの根茎が横に這います。
葉は根茎から出て、長さ12~30cm、幅0.5~1.5cmの線形、やや肉厚で革質です。
葉の表面は濃い緑色で、中肋(主脈)は両面でやや隆起して、葉脈は見えません。
葉の縁は全縁です。
葉と区別がつきにくい長さ1~3cmほどの葉柄があります。
葉は乾燥が続くと縁が裏側に巻いて縮れますが、水を含むと元に戻ります。
胞子嚢群は黄褐色の円形で、葉の上半分につき、中肋(主脈)と葉の縁の中間に1列ずつ並びます。

〔来歴〕
葉には獅子葉など変化が多く出るため伝統園芸植物として江戸時代~明治時代に栽培ブームがありました。

〔利用〕
全草を薬用とします。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
日向~半日陰で空中湿度が高い環境を好みます。
名前 ノキシノブ (軒忍) 、ヤツメラン (八目蘭)
分布または原産地 ? 日本(北海道南部~琉球)、朝鮮南部、中国、台湾、インドシナ、フィリピン
生活型 ? シダ
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 着生
葉の形 ? 線形
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 湿潤
土の必要性 ? 必要、水苔、不要
用途適性 ? 壁面緑化
有用 ? 薬用
文化との関わり ? 葉には獅子葉など変化が多く出るため伝統園芸植物として江戸時代~明治時代に栽培ブームがありました。
日本花き取引コード ? 22973
検索サイトの検索キー ? ノキシノブ