3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

オクヤマシダ

オシダ科 オシダ属

Dryopteris amurensis

亜高山帯の林内でみられ、しばしば群生する夏緑性シダ。
横走する根茎をもちます。

葉柄は長さ20~50cmで葉身より長く、わら色です。葉柄の鱗片はややまばらにつき、長さ3~7mmの広卵形~卵形で淡褐色、膜質です。
葉は草質、長さ15~25cmでやや幅広の五角状広卵形となり、3回羽状深裂し、下部のものは3回羽状複葉となります。羽片には短い柄があり、一番下の羽片は三角状卵形で2番目のものと比べて著しく大きいです。小羽片は長楕円形~卵状長楕円形で羽状に深裂~全裂し、先端が芒状にのびる深く鋭い鋸歯があります。
袋状の小さな鱗片が小羽片の軸にまばらにつきます。中軸と羽軸には狭い鱗片がまばらにつきます。
胞子嚢群は裂片の中肋と縁の中間につき、小さく、包膜は径0.7mmほどで全縁です。
名前 オクヤマシダ
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:関東地方以北、長野県北部)、朝鮮、中国北部、ロシア東部
生活型 ? シダ
生活様式 ? 地生
葉の形 ? 特殊
葉の生え方 ? 根生
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? オクヤマシダ