山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

リョウメンシダ

オシダ科 カナワラビ属

Arachniodes standishii

〔基本情報〕
山地の林内や渓流沿いの湿った場所でしばしば群生する常緑シダ。
短い地下茎が横に這います。
葉は長さ40~65cm、幅15~30cmと大きく、3~4回羽状複葉となります。
胞子嚢群は葉の裏面の下半分につきます。
胞子は葉緑体を含み、緑色に見えます。
葉の両面とも緑色で光沢があり、胞子嚢群がつかなければ表裏おなじみ見えます。
葉柄は長さ20~40cmで、基部に褐色の鱗片が密にあります。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
半日陰で水はけ、水もちのよい場所を好みます。
空中湿度が高い環境を好みます。
栽培は容易です。
施肥は特に必要ありません。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
葉の表裏の区別がつかないので両面羊歯と名がつきました。
名前 リョウメンシダ (両面羊歯)
upside down fern
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、済州島、鬱陵島
生活型 ? シダ
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐陰性
用途適性 ? グラウンドカバー、公園・庭園、壁面緑化
日本花き取引コード ? 79220
検索サイトの検索キー ? リョウメンシダ

「リョウメンシダ」への投稿写真