ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ハリガネワラビ

ヒメシダ科 ヒメシダ属

Thelypteris japonica

丘陵地や低山、里山の林でふつうにみられる夏緑性のシダ。
根茎は短く、横走または斜上し、毛と濃い褐色の鱗片があります。
葉は2回羽状に深裂する長さ25~40cm、幅15~25cmの三角状長楕円形です。
羽片は5/6くらいの深さまで切れ込み、基部に向かって狭まります。
最も下の羽片はやや下向きにつきます。
葉の各軸や葉の縁には毛があります。
葉の中軸は赤褐色です。
胞子嚢群は辺縁寄りにつき、包膜は円腎形で大きいです。
葉柄は長さ30~50cmで赤褐色、毛はあってもわずかです。
葉柄の基部は光沢がある黒褐色となり、濃い褐色の鱗片があります。
胞子の表面に網状の隆起があります。
名前 ハリガネワラビ (針金蕨)
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮南部、中国
生活型 ? シダ
生活様式 ? 地生
葉の形 ? 分裂葉
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ハリガネワラビ

「ハリガネワラビ」への投稿写真