3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

ゲジゲジシダ

ヒメシダ科 ヒメシダ属

Thelypteris decursivepinnata

〔基本情報〕
丘陵地や低山などでふつうにみられる夏緑性のシダ。
根茎は短く、斜上し、鱗片があります。
葉は単羽状または2回羽状に深裂する長さ30~50cm、幅5~13cmの披針形です。
羽片は線状披針形で、深裂またはほぼ全裂します。
裂片は楕円形となり、最も下の裂片は中軸に沿って流れて翼状になります。
葉の両面には毛がはえます。
胞子嚢群は裂片の中肋と辺縁の中間につき、円形~楕円形で、包膜はありません。
胞子嚢には毛がはえます。
葉柄は長さ5~25cmでわら色、鱗片と毛がやや密にあります。
葉柄の基部には褐色の鱗片があります。
胞子の表面にこぶ状の突起があります。
名前 ゲジゲジシダ (蚰蜒羊歯)
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮南部、中国、台湾、インドシナ、インド
生活型 ? シダ
生活様式 ? 地生
葉の形 ? 分裂葉
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ゲジゲジシダ

「ゲジゲジシダ」への投稿写真