いいねしよう10月の過去記事

カニクサ

カニクサ科 カニクサ属

Lygodium japonicum var. japonicum

〔基本情報〕人里近くの林縁や道端、石垣などでみられるシダ。
日本では夏緑性ですが、霜が降りない暖地では常緑となります。
雨季と乾季がある地域では乾季に枯れます。
つるのように見えますが、1枚の葉が長く伸びたものです。
茎に見えるのは葉の中軸で、他のものに絡まりながら2~3mにも伸びます。
根茎は匍匐して、黒褐色の毛に覆われます。
葉は根茎から1枚出て、30cmの葉柄があります。
葉柄の基部には黒褐色の毛がはえます。
葉の羽片は長く伸びる中軸に、10~20cm間隔で一対の小羽片からなる羽片をつけます。
羽片は2回羽状に切れ込みます。
上部の羽片はさらに細かく切れ込んで、胞子葉となり、縁に胞子嚢をつけます。

〔利用〕胞子は海金砂(カイキンシャ)とよび、生薬として利用されます。
つるは駕籠を編む材料になります。

〔備考〕子供がこのつるを使ってカニを釣ることから名がついたとされます。
名前 カニクサ (蟹草) 、ツルシノブ (蔓忍) 、シャミセンヅル (三味線蔓)
Japanese climbing fern
分布または原産地 ? 日本(本州:福島県以西~琉球)、朝鮮、中国、ヒマラヤ~熱帯アジア、オセアニア
生活型 ? シダ
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 特殊
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 19079
検索サイトの検索キー ? カニクサ