ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

アカハナワラビ

ハナヤスリ科 ハナワラビ属

Botrychium nipponicum var. nipponicum

山地の林内や日当たりのよい草原でみられる冬緑性の地生シダ。
根茎は短く、直立して、太い根が多数出ます。
葉は根茎から年に1枚出ます。
栄養葉は長さ・幅とも10㎝ほどで、3出葉的に3回羽状に裂けます。
羽片は下部のものは広卵形で柄があり、裂片は長楕円形~披針形で縁に鋭い鋸歯があります。
冬には葉が赤くなります。
栄養葉の葉柄は3~13cmです。
胞子葉は秋から冬に出て、栄養葉よりはるかに高く、50cmほどにもなります。
胞子葉は1~2回羽状に裂け、短い枝に直接胞子嚢をつけるため、全体的に円錐花序のような見た目となります。
胞子葉は胞子を飛ばした後、枯死します。
名前 アカハナワラビ (赤花蕨)
分布または原産地 ? 日本(本州:宮城県以南、四国、九州)、朝鮮、中国
生活型 ? シダ
生活様式 ? 地生
縁の形 ? 鋸歯
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? アカハナワラビ

「アカハナワラビ」への投稿写真