いいねしよう10月の過去記事

オオハナワラビ

ハナヤスリ科 ハナワラビ属

Botrychium japonicum var. japonicum

〔基本情報〕
山地の林内のやや湿った場所でみられる冬緑性の地生シダ。
根茎は短く、直立して、太い根が多数出ます。
葉は根茎から年に1枚出ます。
栄養葉は長さ10~25cm、幅15~25cmほどで、3出葉的に3回羽状に裂けます。
羽片は下部のものは長さ8~15cm、幅5~8cmの三角状広楕円形で、長さ1.5~3cmの柄があり、裂片は狭楕円形となり縁には鋭い鋸歯があるか波状になります。
栄養葉の葉柄は10~20cmです。
胞子葉は栄養葉より長く、長さ15~35cmの柄をもちます。
胞子葉は2回羽状に裂け、短い枝に直接胞子嚢をつけるため、全体的に円錐花序のような見た目となります。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
半日陰で水はけ、水もちのよい土壌を好みます。
水やりは秋~春は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、休眠期は過湿にならない程度に控えます。
施肥は生育期間中に液肥を月に1回程度与えるか緩効性肥料を置き肥します。
病虫害は特にありません。
名前 オオハナワラビ (大花蕨)
分布または原産地 ? 日本(本州:東北地方中部以南~九州:屋久島まで)、朝鮮、中国
生活型 ? シダ
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 7月
縁の形 ? 鋸歯、波状
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植
検索サイトの検索キー ? オオハナワラビ

「オオハナワラビ」への投稿写真