おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

クラマゴケ

イワヒバ科 イワヒバ属

Selaginella remotifolia

〔基本情報〕
林内でしばしば群生する常緑シダ。
茎には主茎と側枝があり、主茎はまばらに枝分かれしながら地表を這い、側枝は低く立ち上がります。
葉には、茎の背面につく背葉と、茎の側面につく腹葉があります。
背葉は茎に密着して2列につき、長さ1.5~2mmの狭卵形で、縁には細かい鋸歯があります。
腹葉は開いてつき、長さ3mmの卵形です。
胞子嚢穂は長さ5~15mm、径1~1.5mmの四角柱状で、側枝の先に集まってつきます。
胞子葉は狭卵形~三角状披針形で、縁には細かい鋸歯があり、胞子嚢を覆います。
胞子嚢は球形で、胞子葉の上側基部につきます。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
半日陰~日陰で適度に湿り気のある場所を好みます。
栽培は容易です。
名前 クラマゴケ (鞍馬苔)
分布または原産地 ? 日本、東アジアの暖地~東南アジア
生活型 ? シダ
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
形状 ? 匍匐
縁の形 ? 鋸歯
葉の特記事項 ? 栄養葉と胞子葉があります。
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 半日陰、日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐湿性
用途適性 ? グラウンドカバー、盆栽、公園・庭園、アクアテラリウム、苔玉
日本花き取引コード ? 22709
検索サイトの検索キー ? クラマゴケ

「クラマゴケ」への投稿写真