ケンポナシnewいいねしよう1月の過去記事

アサリナ

オオバコ科 ツルキンギョソウ属

Asarina  

〔基本情報〕
つる性の常緑多年草ですが、耐寒性が弱いため、日本ではおもに一年草として扱われます。
細いつるが数mほど伸び、葉柄と花柄で他のものに巻きつきます。
葉は単葉で、茎の下部では対生、上部では互生し、三角形~矛形となり、縁には欠刻または鋸歯があります。
花は葉腋につき、花の色は青、紫、ピンク、白、黄色などです。
花冠は漏斗形で先が2唇形に5裂し、花筒の基部がやや膨れます。
果実は蒴果です。

〔栽培〕
増殖は実生、挿し芽によります。
霜が降りない地域であれば越冬するものもあります。
日当たりと水はけのよい肥沃な場所を好み、多湿を嫌います。
夏の強い西日が避けられる場所のほうが適します。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は控えめでよく、地植えの場合は元肥を施せば特に必要ありません。
つるが伸はじめたら支柱やネットに誘引します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
現在、北アメリカ産のものはHolmgrenanthe属、 Lophospermum属、 Mabrya属、 Maurandya属、Neogaerrhinum属にそれぞれ細分されています。
日本でよく栽培されているものはツタバキリカズラ(Maurandya barclayana=Asarina barclayana)です。
名前 アサリナ
trailing snapdragon
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月、10月、11月
分布または原産地 ? ヨーロッパ南部、北アメリカ南部
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生、互生
縁の形 ? 鋸歯、欠刻
花の色 ? 黄、青、紫、桃、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、挿芽
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 非耐寒性
用途適性 ? 壁面緑化
日本花き取引コード ? 49800
検索サイトの検索キー ? アサリナ

「アサリナ」への投稿写真