モッコウバラnew5月の過去記事いいねしよう

タイワンモミジ

ウコギ科 タイワンモミジ属

Polyscias fruticosa

〔基本情報〕
高さ2~3mになる常緑低木。
熱帯ではときに5mの小高木になるものもあります。
葉は互生する1~3回羽状複葉となり、小葉の形は狭卵形から披針形までさまざまで、さらに羽状に裂け、縁には刺状の鋸歯があります。
花は長さ15cmほどの複散形花序に多数つき、白色~黄白色です。
果実は核果です。

〔来歴〕
日本には明治時代末に渡来しました。

〔利用〕
薬用として用いられます。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
冬越しには10℃以上を保つのが無難です。
日向~半日陰で水はけのよい肥沃な土壌を好みます。
日陰にも耐えますが、日当たりが悪すぎると間延びしたり葉が変色します。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
空中湿度が低いとハダニがつきやすくなるので、ときどき霧吹きで葉水を与えるとよいです。
施肥は春~秋に緩効性化成肥料を置き肥するか、月に1回液肥を与えます。
枝が伸びると形の違う葉が出てくるので、伸びすぎた枝は切り戻します。
病虫害としてはアブラムシ、カイガラムシ、ハダニがあります。
名前 タイワンモミジ (台湾紅葉) 、ナンヨウウコギ (南洋五加木) 、ホソバアラリア
Ming aralia
分布または原産地 ? インド~ポリネシア
ハーディネスゾーン ? 11a〜12b
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 2000〜3000mm
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 複散形花序
花の色 ? 黄白、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? ハイドロカルチャー、鉢植
虫害 ? アブラムシ、カイガラムシ、ハダニ
日本花き取引コード ? 20257
検索サイトの検索キー ? タイワンモミジ

「タイワンモミジ」への投稿写真