モッコウバラnew5月の過去記事いいねしよう

フジマメ

マメ科 フジマメ属

Lablab purpureus

〔基本情報〕
熱帯アフリカ原産とされるつる性草本。
熱帯では多年草ですが、寒さに弱いので日本では一年草として扱われます。
つるはよくのびて、ふつう高さ2~3m、ときに6mにまで達します。
葉は互生する3出複葉で、小葉は長さ5~7cmの三角状広卵形です。
葉の縁は全縁です。
葉はしばしば紫色を帯びます。
葉腋から長い総状花序を直立させ、赤紫色~ピンク色または白色の蝶形花を咲かせます。
花序の軸は赤紫色です。
果実は扁平で光沢のある豆果で、赤紫色または緑白色、鎌状に曲がり、先端はくちばし状にとがります。

〔利用〕
若い莢や種子を食用にしますが、成熟した種子には毒性があるので大量に摂取しないようにします。
種子は薬用にもされます。
各地で伝統野菜として栽培され、岐阜県の千石豆、愛知県の白花千石、石川県の加賀つるまめ、などがあります。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
移植を嫌うので、霜が降りなくなってから栽培する場所に直接播くか、6~8週間前に室内の暖かい場所でポリポットに播いて育苗しておきます。
酸性土壌を嫌います。
生育適温は23~28℃で、13℃を下回ると生育が鈍ります。
日当たりと水はけのよい場所を好み、強健で栽培は容易です。
水やりは晴天が続いてひどく乾燥しない限りは降雨にまかせます。
生育旺盛で重いつるとなるので、丈夫な支柱が必要です。
連作を嫌います。
病虫害としては、輪紋病、アザミウマ、コナガ、ハダニ、アブラムシなどがあります。

〔備考〕
関西ではインゲンマメと呼ばれることもあります。
名前 フジマメ (藤豆) 、センゴクマメ (千石豆) 、ツルマメ (蔓豆) 、インゲンマメ (隠元豆) 、アジマメ (味豆)
hyacinth bean、lablab-bean、bonavist bean、bonavist pea、dolichos bean、seim bean、lablab bean、Egyptian kidney bean、Indian bean、bataw、Australian pea
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 熱帯アフリカとされる
ハーディネスゾーン ? 10a〜11b
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ? 紫、桃、白
葉の色 ? 緑、紫
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? アルカリ性、中性
耐候性 ? 耐暑性、耐乾性、非耐寒性
用途適性 ? 公園・庭園、壁面緑化
病害 ? 輪紋病
虫害 ? アザミウマ、コナガ、ハダニ、アブラムシ
日本花き取引コード ? 64251
検索サイトの検索キー ? フジマメ

「フジマメ」への投稿写真