図解ガイドnew花の色が変化しますnew6月の過去記事いいねしよう

アガパンサス

ヒガンバナ科 ムラサキクンシラン属

Agapanthus  

〔基本情報〕
多年草。
常緑性のものと休眠するものがあります。
塊茎をもち、根は多肉状で太いです。
葉はすべて根出し、線形~披針形です。
長い花茎の先端に散形花序を出し、青、紫、白色などの花が咲きます。
花冠の先が開くものと、あまり開かず下向きに咲くものがあります。
果実は蒴果です。

〔栽培〕
増殖は株分け、実生、挿芽によります。
株分けは、花後、一株に3個ほど芽がつくように分けます。
常緑性のものは、冬期に-5度以下になると地上部が枯れ込みます。
日当たりと水はけのよい場所であれば、土質を選ばず良く育ちます。
乾燥にはよく耐え、水やりは鉢植えの場合は土が乾いてからたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありませんが、鉢植えの場合は生育具合によって春と秋に緩効性化成肥料を置き肥してもよいです。
種子を採らないのであれば、花が終わったら花茎を切り取り株が疲れないようにします。
病虫害としてはアブラムシがあります。
名前 アガパンサス
lily of the Nile、African lily
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 南アフリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、線形
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散形花序
花の色 ? 青、紫、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐乾性
用途適性 ? グラウンドカバー、鉢植、公園・庭園、壁面緑化、屋上緑化、コンテナ、ベランダ
虫害 ? アブラムシ
日本花き取引コード ? 14982
検索サイトの検索キー ? アガパンサス