浴衣の文様newインスタ8月の過去記事

ベニカノコソウ

スイカズラ科 ベニカノコソウ属

Centranthus ruber

〔基本情報〕
高さ45~90cmほどになる多年草。
茎は数本出て、基部が木質化し、こんもりと茂ります。
葉は対生する単葉で、長さ5~10cmほどの披針形~卵形、肉厚で白粉を帯びます。
葉の縁は全縁となるかわずかに鋸歯があります。
葉柄は茎の下部の葉にだけあります。
茎の上部に散房花序を出し、多くの花がつきます。
花は先が5裂する管状となり、濃い紅色ですが、ピンク色や白色のものもあります。
花筒部は長く、基部に長い距があります。
雌しべは花の外に突き出します。
種子には冠毛があります。

〔来歴〕
日本には明治時代中頃に渡来しました。

〔利用〕
若葉と根は食用となり、葉はサラダや野菜として調理し、根はスープにされます。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
こぼれダネでもよく増えます。
日あたりと水はけ、風通しがよい弱アルカリ性土壌を好みます。
乾燥した環境を好みます。
半日陰でも耐えますが、花つきは悪くなります。
関東地方以南であれば戸外越冬可能です。
水やりは鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
冬期は乾かし気味に管理します。
施肥は特に必要ありませんが、鉢植えの場合は春に緩効性肥料を少量置き肥してもよいです。
種子を採らないのであれば花が終わったら花茎を切り、株が疲れないようにします。
病虫害は特にありません。
名前 ベニカノコソウ (紅鹿子草) 、ヒカノコソウ (緋鹿子草)
red valerian、spur valerian、fox's brush、devil's beard、Jupiter's beard、kiss-me-quick
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 地中海沿岸地域
ハーディネスゾーン ? 5a〜8b
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月、9月、10月、11月
草丈・樹高 ? 450〜900mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁、鋸歯
花のつき方 ? 散房花序
花の色 ? 赤、桃、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? アルカリ性
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園
食用 ? 葉、根
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 14279
検索サイトの検索キー ? ベニカノコソウ

「ベニカノコソウ」への投稿写真