変化に富む花new悪しき実4月の過去記事いいねしよう

メラレウカ リナリーフォリア

フトモモ科 コバノブラシノキ属

Melaleuca linariifolia

〔基本情報〕
原産地ではおもに水路沿いや湿地でみられる高さ6~10mになる常緑低木~小高木。
密な樹冠をつくります。
樹皮は灰白色で紙状にはがれます。
新芽にははじめ毛がはえますが、のちに無毛となります。
葉は互生する単葉で、長さ1.7~4.5cm、幅0.1~0.4cmの線形~披針形です。
葉には油点があり、傷つけると芳香を放ちます。
葉の縁は全縁です。
長さ4cmほどの穂状花序を出し、白~クリーム色で羽毛状の雄しべがめだつ花を、木が覆われるほどつけます。
花弁は5個ありますが開花後すぐに落ちます。
雄しべは32~73個ずつ束生したものが5束あります。
果実は長さ0.3cmほどの蒴果です。

〔利用〕
葉や小枝から精油が得られます。

〔栽培〕
増殖は実生と挿木によります。
日あたりと水はけがよく適度に湿り気のある肥沃な土壌を好み、暖地であれば戸外で越冬可能です。
霜に当たると葉が傷みます。
施肥は春~秋に緩効性肥料を施します。
病虫害は特にはありません。
名前 メラレウカ リナリーフォリア 、スノーインサマー
snow-in-summer、flax-leaved paperbark、narrow-leaved paperbark
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? オーストラリア(ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州)
ハーディネスゾーン ? 9a〜11b
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月、6月
形状 ? 直立、分枝
草丈・樹高 ? 6000〜10000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、線形
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ? 黄白、白
花序の長さ ? 40mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 公園・庭園
有用 ? 精油
日本花き取引コード ? 51176
検索サイトの検索キー ? メラレウカ リナリーフォリア

「メラレウカ リナリーフォリア」への投稿写真