ボトルキャップガーデンnew変化に富む花4月の過去記事いいねしよう

カユプテ

フトモモ科 コバノブラシノキ属

Melaleuca cajuputi subsp. cumingiana

〔基本情報〕
原産地では沿海地の湿地林にはえ、高さ10~25m、ときに40mにもなる常緑小高木~高木。
樹皮は灰白色で紙状にはがれます。
新芽にははじめ絹毛がはえますが、のちに無毛となります。
葉は互生する単葉で、長さ4~20cm、幅1~2cmの長楕円形~披針形で、両端がとがり、革質です。
葉には油点があり、傷つけると芳香を放ちます。
葉の縁は全縁です。
長さ3~10cmほどの円柱形の穂状花序を出し、白~クリーム色の雄しべがめだつ花をつけます。
花弁は5個ありますが開花後すぐに落ちます。
雄しべは7~9個ずつ束生したものが5束あります。
果実は長さ0.3cmほどのカップ状の蒴果です。

〔利用〕
葉や小枝から精油が得られます。
原産地では樹皮や精油が薬用として利用され、葉をハーブティーにします。
材は燃料や炭の原料、ボートや支柱などの用材に用いられます。

〔栽培〕
増殖は実生と挿木によります。
日あたりと水はけのよい土壌を好み、暖地であれば戸外で越冬可能で、沖縄では公園などに植栽されています。
霜に当たると葉が傷みます。
施肥は春~秋に緩効性肥料を施します。
病虫害は特にはありません。
名前 カユプテ
cajuput、white samet
分布または原産地 ? 東南アジア(ミャンマー、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア:スマトラ、西ジャワ、カリマンタン南西部)
ハーディネスゾーン ? 9a〜11b
生活型 ? 小高木、高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月、6月
形状 ? 直立、分枝
草丈・樹高 ? 10000〜25000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ? 黄白、白
花序の長さ ? 30〜100mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 公園・庭園、街路樹
有用 ? 飲用、精油、その他クラフト
検索サイトの検索キー ? カユプテ

「カユプテ」への投稿写真