モッコウバラnew5月の過去記事いいねしよう

エクメア ガモセパラ

パイナップル科 サンゴアナナス属

Aechmea gamosepala

〔基本情報〕
高さ45~70cmになる着生する多年草。
葉はロゼット状に出て、長さ25~55cmの幅が広い革ひも状、明るい緑色で、縁に細かい刺があります。
葉には鱗片があり、裏面に特に多いです。
葉の基部は葉が重なり合ってじょうごのような形になり、原産地ではここに水をため、葉からも養分と水分を吸収して生育しています。
花茎は直立して、長さ9~26cmで細い円筒形の花序を出し、花茎は無毛、苞は狭三角形で小さくめだちません。
花は青~青紫色の3弁花で、赤~ピンク色の萼筒から顔を出します。
一度花が咲いた株は子株を出して枯れます。
果実は球形の液果でピンク色に熟します。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
一度花が咲いた株は子株を出したあと枯れるので子株を更新していきます。
水苔に植えつけます。
比較的寒さに強く、5℃程度まで耐えますが、冬越しは10~12℃があると無難です。
春~秋までは風通しがよい明るい日陰に置き、冬は日の当たる窓際などに置きます。
夏の直射日光に当たると葉やけを起こします。
水やりは春~秋は筒状になった葉の間に水をため、水やりの度にその水が入れ替わるようにたっぷり注ぎます。
気温が下がり始めたら株を逆さにして水をあけ、冬は土にだけ水を与えるようにします。
空中湿度が高い環境を好むので年間を通じて霧吹きで葉水を与えます。
施肥は春~秋に緩効性化成肥料を2~3か月に1回施します。
花後には子株に栄養が行くよう、花茎を切り取ります。
病虫害としてはカイガラムシ、ハダニがあります。
名前 エクメア ガモセパラ 、ブルーシャンデリア
matchstick plant、matchstick bromeliad
分布または原産地 ? ブラジル南部
ハーディネスゾーン ? 9a〜11b
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 着生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月、8月
草丈・樹高 ? 450〜700mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 刺状
花の色 ? 赤、青、紫、桃
花序の長さ ? 90〜260mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 水苔
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、壁面緑化
虫害 ? カイガラムシ、ハダニ
日本花き取引コード ? 73785
検索サイトの検索キー ? エクメア ガモセパラ

「エクメア ガモセパラ」への投稿写真