3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

ステノカルプス シヌアツス

ヤマモガシ科 Stenocarpus属

Stenocarpus sinuatus

〔基本情報〕
原産地では高さ40mにもなる常緑高木。
葉は互生し、長さ20~30cmの披針形となるか、羽状に裂け、革質で表面には光沢があります。
新葉は赤褐色を帯びます。
枝の上部の葉腋から散形花序を出し、赤色~オレンジ色の花を放射状に12~20個つけます。

〔利用〕
材は有用です。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木、取木によります。
冬は室内の日当たりがよい場所に取り込みます。
日当たりと水はけのよい土壌を好みます。
半日陰程度であれば耐えます。
水やりは春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は控えめにします。
施肥は春~秋に緩効性肥料を施します。
病虫害は特にありません。
名前 ステノカルプス シヌアツス
firewheel tree
分布または原産地 ? オーストラリア東部
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
草丈・樹高 ? 40000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散形花序
花の色 ? 赤、橙
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
有用 ? その他クラフト
検索サイトの検索キー ? ステノカルプス シヌアツス

「ステノカルプス シヌアツス」への投稿写真