いいねしよう10月の過去記事

ブルーキャッツアイ

オオバコ科 Otacanthus属

Otacanthus caeruleus

〔基本情報〕
高さ0.7~1.2mほどになる常緑低木。
茎は上部で枝分かれし、基部は木質化します。
葉は対生する単葉で、楕円形~披針形となり、羽状の脈がめだちます。
葉の縁には細かい鋸歯があります。
花は茎の上部の葉腋に単生し、青~青紫色です。
花冠は2.5cmほどの細長い花筒をもち、先が2唇形となり、下唇の基部が白色になります。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
冬越しには5℃以上を保つのが無難ですが、霜が降りない地域であれば戸外越冬も可能で、完全に凍らなければ地上部が枯れても春に芽吹きます。
日向~半日陰で水はけ水もちのよい土壌を好みます。
水やりは過湿にならないよう注意し、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は春~秋に液肥を与えます。
病虫害としてはアブラムシ、ハダニがあります。
名前 ブルーキャッツアイ
blue cat's eye、Brazilian snapdragon、Amazon blue
花咲く季節 ? 8月、9月、10月、11月
分布または原産地 ? ブラジル
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、9月、10月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 700〜1200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花の色 ? 青、紫
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性
用途適性 ? 鉢植、コンテナ
虫害 ? アブラムシ、ハダニ
日本花き取引コード ? 37552
検索サイトの検索キー ? ブルーキャッツアイ

「ブルーキャッツアイ」への投稿写真