かんきつ事情new図鑑充実投稿数制限7月の過去記事

アブチロン

アオイ科 イチビ属

Abutilon   

〔基本情報〕
低木または多年草、ときに一年草です。
葉は互生し、ふつう基部が心形となる卵形の単葉ですが、掌状に3~7裂するものもあります。
葉の縁には鋸歯があります。
花は葉腋に単生するか花序をなしてつく5弁花です。
多数の雄しべが雄ずい筒をつくります。
果実は分果です。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
関東地方以南の暖地では戸外越冬可能です。
日当たりと水はけのよい土壌を好みます。
水やりは鉢植えの場合は春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
地植えの場合は降雨にまかせます。
肥料は春~秋に緩効性化成肥料を置き肥します。
病虫害としてはアブラムシがあります。
名前 アブチロン
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月
ハーディネスゾーン ? 9
生活型 ? 一年草、多年草、低木
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月、9月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生、円錐花序、集散花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 赤、橙、黄、桃、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、生垣、公園・庭園、壁面緑化、ベランダ、ハンギングバスケット
虫害 ? アブラムシ
日本花き取引コード ? 15082
検索サイトの検索キー ? アブチロン

「アブチロン」への投稿写真