東照宮の花newエバーグリーンのインスタ

イトバハルシャギク

キク科 キンケイギク属

Coreopsis verticillata

〔基本情報〕
高さ20~100cmになる多年草。
根茎をもちます。
葉は輪生し、鳥足状に3~9深裂して、裂片は線形~糸状となります。
茎の上部につく葉では線形~糸状の単葉となります。
茎先に径5cmほどの頭状花をつけます。
舌状花も筒状花も鮮やかな黄色です。
果実は痩果です。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
日当たりと水はけのよい場所であれば土質を選ばずよく育ちます。
水やりは鉢植えの場合は土が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は特に必要ありません。
病虫害は特にありません。
名前 イトバハルシャギク (糸葉波斯菊)
whorled tickseed、whorled coreopsis、thread-leaved tickseed、thread leaf coreopsis、and pot-of-gold
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 北アメリカ
ハーディネスゾーン ? 6a;6b
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 200〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 輪生
縁の形 ? 全縁
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ
日本花き取引コード ? 39682
検索サイトの検索キー ? イトバハルシャギク

「イトバハルシャギク」への投稿写真