東照宮の花newエバーグリーンのインスタ

スパティフィラム

サトイモ科 ササウチワ属

Spathiphyllum  

〔基本情報〕
常緑多年草。
葉は互生する単葉で、卵形~楕円形となり、表面に光沢があります。
葉には長い葉柄があります。
長い花茎の先に肉穂花序を出し、小さな花を多数密につけます。
花序には白~淡い緑色で葉状の仏炎苞がつきます。
果実は液果です。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
耐寒性が弱いので、冬は室内の暖かい場所に取り込みます。
半日陰で水はけ・水もちのよい場所を好みます。
夏の強い直射日光にあたると葉焼けを起こすことがあります。
水やりは鉢植えの場合は春から秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は春から秋に緩効性肥料を置き肥するか、薄めた液肥を与えます。
病虫害としてはハダニがあります。
名前 スパティフィラム
Spath、peace lilies
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 熱帯アメリカ
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 肉穂花序
葉の色 ? 緑、複色
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐陰性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、壁面緑化
虫害 ? ハダニ
日本花き取引コード ? 14350
検索サイトの検索キー ? スパティフィラム

「スパティフィラム」への投稿写真