おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

タマザキサクラソウ

サクラソウ科 サクラソウ属

Primula denticulata

〔基本情報〕
野生種は標高1,500~4,100mの高地でみられる高さ5~30cmになる多年草です。
耐暑性がないため、日本では一年草として扱います。
長さ1.5~4cm、径1~2cmほどの大きな卵形の冬芽をつくります。
葉は根出する単葉で、長さ3~15cm、幅1.5~4cmの長楕円形で、葉の縁には歯牙があります。
花茎の先に球状になる散形花序を出し、径1~2cmの花を密につけます。
花冠は5裂し、さらに先端が2裂します。
花色は藤色~藤桃色に黄色の目があるものが基本ですが、白色や紅色のものもあります。
果実は蒴果です。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
好光性の種子なので覆土はせず、底面給水にします。
日当たりと風通しがよく、水はけのよい土壌を好みます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
特に夏場は夕方以降の気温が下がってから潅水し、鉢の周りにも水を撒いて夜間を涼しく過ごさせるようにします。
施肥は元肥のほか、開花期に肥料を途切れさせないよう液肥を施し、夏に肥料が残らないようにします。
花がらを残すと病気の原因になるので、こまめに取り除きます。
種を採らないのであれば、花がほぼ咲き終わったら花茎ごと切り取るようにします。
病虫害としては立枯病、ボトリチス、軟腐病、灰色かび病、ヨトウムシ、ナメクジ、ネマトーダ、根ダニなどがあります。
名前 タマザキサクラソウ (玉咲桜草) 、カサザキサクラソウ (笠咲桜草)
花咲く季節 ? 3月、4月
分布または原産地 ? ヒマラヤ(チベット自治区南部、アフガニスタン、ブータン、インド、カシミール、ミャンマー北部、ネパール、パキスタン、シッキム)
生活型 ? 一年草、多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
草丈・樹高 ? 50〜300mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 歯牙
花のつき方 ? 散形花序
花の色 ? 紫、桃、白
花径 ? 10〜20mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、非耐暑性
用途適性 ? 鉢植
病害 ? 立枯病、ボトリチス、軟腐病、灰色かび病
虫害 ? ヨトウムシ、ナメクジ、ネマトーダ、根ダニ
日本花き取引コード ? 22186
検索サイトの検索キー ? タマザキサクラソウ

「タマザキサクラソウ」への投稿写真