山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ワトソニア

アヤメ科 ヒイロヒオウギ属

Watsonia  

〔基本情報〕
球茎をもつ多年草。
球茎は粗い繊維質の外皮に包まれます。
茎は細く、かたいです。
葉は2列に互生し、剣形です。
秋から春にかけて生長し夏には地上部が枯れて休眠するものと、常緑のものがあります。
茎先に穂状花序をだし、多数の6弁花をつけます。
花筒部は基部が細くなります。
柱頭の先は3裂し、さらにその先が2裂します。
果実は球形または円筒形の蒴果です。

〔栽培〕
増殖は実生、分球によります。
霜が降りない地域であれば戸外越冬可能で、地植えの場合は数年植えっぱなしでもよく育ちます。
霜が降りる地域では秋早くに球根を植えつけた場合、出てきた葉が傷まないようにフレームに取り込むなど霜よけをします。
日当たりと水はけがよい場所を好みます。
水やりは過湿にならないよう注意し、鉢植えの場合は生育期間中は土の表面が乾いたら与え、休眠期は控えます。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は控えめがよく、元肥を施せば特に必要ありませんが、鉢植えの場合は春の開花前に緩効性化成肥料を施してもよいです。
病虫害は特にありません。
名前 ワトソニア 、ヒオウギズイセン (檜扇水仙)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 南アフリカ、マダガスカル
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、10月、11月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 穂状花序
花弁の数 ? 6
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 球根、苗
繁殖方法 ? 種、分球
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 花壇、切花、公園・庭園
日本花き取引コード ? 14440
検索サイトの検索キー ? ワトソニア