おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

アガペテス

ツツジ科 アガペテス属

Agapetes  

〔基本情報〕
常緑低木。
多くの種が木や岩に着生します。
葉は互生する単葉です。
花は葉腋に単生または束生し、花冠は先が5裂する筒状~鐘状となります。
雄しべは10本です。
果実は液果です。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
霜にあたらない地域であれば戸外越冬可能です。
日向~半日陰で管理し、バーク材など水はけのよい植え込み材に植えるかヘゴ板に着生させます。
名前 アガペテス
分布または原産地 ? ヒマラヤ~東南アジア
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生、着生
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 単生、束生
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
土の必要性 ? 不要
用途適性 ? 鉢植、壁面緑化、コンテナ
日本花き取引コード ? 35769
検索サイトの検索キー ? アガペテス

「アガペテス」への投稿写真