おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ラデルマケラ ペニンシュラリス

ノウゼンカズラ科 センダンキササゲ属

Radermachera peninsularis

〔基本情報〕
高さ4~15mになる常緑低木~高木ですが、気温が下がると落葉します。
葉は対生する2回奇数羽状複葉で、長さ60~80cmにもなります。
小葉は長さ5~7cm、幅2~4cmの長楕円形~楕円形で、毛はなく、表面に光沢があり、縁は全縁で波打ちます。
小葉には短い小葉柄があります。
枝先に円錐花序を出します。
花は淡い桃色~白色で喉部に黄色い筋がはいり、長さ6~7cm、径4cmほどで鐘形の2唇形花となり、先は5裂します。
花冠裂片はまるいです。
萼は筒状で深く2裂します。
果実は下垂する細長い蒴果で、種子には翼があります。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木、取木によります。
5℃程度までは耐えるので、冬は日当たりのよい室内に取り込みます。
日当たりと水はけのよい土壌を好みます。
水やりは過湿にならないよう注意し、鉢植えの場合は春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
施肥は春~秋に緩効性化成肥料を月1回、置き肥します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
センダンキササゲに似ますが、センダンキササゲは花冠が長さ8~12cmほどで高盆形となり、筒部が徐々に広がります。
名前 ラデルマケラ ペニンシュラリス
分布または原産地 ? タイ~マレーシア
ハーディネスゾーン ? 10a〜13b
生活型 ? 低木、小高木、高木
常緑・落葉 ? 常緑、落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? センダンキササゲ
形状 ? 直立、分枝
草丈・樹高 ? 4000〜15000mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 円錐花序
花の色 ? 桃、白
花径 ? 40mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植
検索サイトの検索キー ? ラデルマケラ ペニンシュラリス