山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ニオイハンゲ

サトイモ科 ハンゲ属

Pinellia cordata

〔基本情報〕
原産地では林内や小川沿い、湿った牧草地などにはえる高さ15~20cmの多年草。
地下に径1~1.5cmで扁球形の球茎があります。
葉は1~3個根生する単葉で、長さ4~25cm、幅2~7.5cmの長楕円状心形~矢じり形となり、葉脈に沿って銀白色の斑紋があり、葉の裏面は紫色を帯びます。
葉の縁は全縁です。
葉柄は長さ12~25cmで、紫色の斑紋があります。
葉柄の基部と葉の基部にそれぞれ珠芽(むかご)がつきます。
花柄の先端に肉穂花序をつけます。
花序の先につく付属体は長さ6.5~20cmで、糸状に曲がりくねって伸びます。
肉穂花序は緑色~紫色の仏炎苞に包まれます。
花には雄花と雌花があり、花弁はなく、肉穂花序の上部に雄花群、基部に雌花群がつきます。
肉穂花序には芳香があります。
果実は液果です。

〔栽培〕
増殖は実生、珠芽(むかご)により、分球も可能です。
実生の場合は完熟した果実を水洗いして果肉を取り除き、取り播きとします。
寒冷地では凍らないように防寒をします。
半日陰で風通しがよい湿った肥沃な土壌を好みます。
陽射しが強いと葉が傷みますが、日当たりが悪すぎても軟弱になります。
乾燥を嫌うので、生育期間中は水切れに注意しますが、真夏に多湿にすると根腐れをおこします。
休眠中も土が完全に乾かないようにします。
肥料は控えめでよく、春と秋に有機質の肥料を少量置き肥します。
病虫害としては軟腐病、白絹病、カイガラムシ、アブラムシ、ナメクジなどがあります。
名前 ニオイハンゲ (匂半夏)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
実のなる季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 中国南部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 150〜200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 全縁
葉の特記事項 ? 葉脈に沿って銀白色の斑紋があり、葉の裏面は紫色を帯びます。
花のつき方 ? 肉穂花序
葉の色 ? 緑、白、複色
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、球根
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
病害 ? 軟腐病、白絹病
虫害 ? カイガラムシ、アブラムシ、ナメクジ
日本花き取引コード ? 20191
検索サイトの検索キー ? ニオイハンゲ

「ニオイハンゲ」への投稿写真