山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ジャスティシア ベトニカ

キツネノマゴ科 キツネノマゴ属

Justicia betonica

〔基本情報〕
高さ1.5mになる亜低木。
葉は対生する単葉で、長さ22cm、幅12cmまでの楕円形~卵形です。
葉の縁は全縁です。
茎先に長さ10~20cmの四角柱状の穂状花序を出します。
花序には卵形~心臓形の苞が重なり合ってつき、白色地に緑色の脈がはいります。
花は長さ1.5cmで淡い紅紫色の2唇形で、苞の中から突き出しますが、すぐに茶色くなります。

〔利用〕
アフリカでは薬用や、乳牛の催乳剤に利用されます。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
冬は6~8℃以上あれば越冬可能です。
日向~半日陰で水はけのよい肥沃な土壌を好みます。
日当たりが悪くなると間延びして花つきが悪くなりますが、夏の直射日光で葉焼けをおこすことがあります。
水やりは鉢植えの場合は春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
地植えの場合は晴天が続いて乾燥しないかぎりは潅水は必要ありません。
施肥は少なめの方が株が締まるので、春~秋に液肥を2週間に1回ほど施します。
病虫害としてはカイガラムシ、ハダニなどがあります。
名前 ジャスティシア ベトニカ
paper plume、white shrimp plant、squirrel's tail
分布または原産地 ? 熱帯アジア、東アフリカ
生活型 ? 亜低木
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ? 紫、桃
花序の長さ ? 100〜200mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ
虫害 ? カイガラムシ、ハダニ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 48444
検索サイトの検索キー ? ジャスティシア ベトニカ

「ジャスティシア ベトニカ」への投稿写真