さくらと紅葉を同時にnewインスタ12月の過去記事

ワスレナグサ

ムラサキ科 ワスレナグサ属

Myosotis  

〔基本情報〕
一年草または多年草。
全体に毛がはえます。
葉には根出葉と茎葉があり、ともに単葉で、全縁です。
茎につく葉は互生します。
根出葉と茎の下部につく葉には葉柄があります。
花はさそり型花序につくか、単生し、花冠は5裂します。
果実は分果です。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
こぼれダネでもよく増えます。
大株での移植を嫌うので植える場所に直播するか、ポリポットに播いて幼苗を定植します。
日当たりと風通しがよい場所で、水はけ、水もち、通気性のよい土壌を好みます。
水やりは水切れしないように注意し、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありません。
病虫害としては灰色かび病があります。
名前 ワスレナグサ (勿忘草、忘れな草) 、ミオソティス
forget-me-nots、scorpion grasses
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
分布または原産地 ? 世界の温帯
生活型 ? 一年草、多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、9月、10月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生、さそり型花序
花の色 ? 青、紫、桃、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 非耐暑性
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、コンテナ
病害 ? 灰色かび病
日本花き取引コード ? 14439
検索サイトの検索キー ? ワスレナグサ

「ワスレナグサ」への投稿写真